花粉症対策のためのサプリメント

花粉症は今や国民病ともいえるほど多くの人が悩んでいる病気です。アレルゲンとなる花粉の種類はさまざまですが、植物の花粉に反応して鼻水やくしゃみが止まらなくなったり目がかゆくなったりと、症状は概ね共通しています。アレルギーは、アレルゲンとなる成分が体内に侵入したときに、それを排除しようとして過剰な反応が起こることなので、アレルゲンが違っても症状は同じようになるのです。特にスギやヒノキの花粉に反応する人が多く、冬の終わりから春にかけては街でもマスクをして歩く人を目にすることが多くなります。花粉症は、花粉が口や鼻、目などに入らないようにガードすればかなり症状を抑えることができるで、マスクや花粉ガードするメガネ(ゴーグル)などを着けることは大変有効です。しかし、花粉は家の中にも入り込んでくるため100%遮断するのは難しいですし、中には肌にあたった花粉に反応して湿疹が出たり炎症を起こしたりする人もいます。薬を飲むとボーっとするし、飲まなければ鼻水が止まらないしと、かなり辛い花粉症ですがサプリメントなどによって体質改善を行うことで症状を抑えるのも一つの方法です。

花粉症に効くといわれるサプリメントはいろいろありますが、よく利用されているのが甜茶や乳酸菌です。毎日のお茶を甜茶に変えたり、乳酸菌を摂れるヨーグルトを食べる習慣をつけることで、花粉症の改善が期待できます。そのほか、体の免疫力を上げるケルセチンや、アレルギー反応を抑制するα‐リノレン酸、アレルギーを引き起こすヒスタミンを抑制するタンニンなどを取るのも有効です。どれも毎日食べても安心な食品ですので、食卓に積極的に取り入れたりサプリメントで摂取する習慣をつけるようにするといいですね。

こういったサプリメントは、薬を飲むような即効性はありませんので、長期にわたって飲む必要があります。あくまで体質改善をして花粉症の症状を抑えるものですので、花粉が飛び始める数週間前には飲み始めて徐々に体質を変えていかなければ効果が実感できないのです。飲んでもすぐに効かないというのはデメリットかもしれませんが体に負担をかけずに花粉症の症状を改善させるにはサプリメントはとても良い方法です。できれば花粉の飛ぶシーズンが終わっても飲み続けるようにすると、年々症状が楽になるかもしれませんね。

サプリメント活用講座TOPに戻る

カテゴリ