コレステロールを下げるサプリメント

コレステロールの増加は現代の食生活が引き起こしている最も大きな問題のひとつです。もともと日本人の食生活は魚や野菜が中心であり、コレステロールの増加につながらない健康的なものでしたが、近年の食生活の欧米化によって魚よりも肉が多く食べられるようになり、しかも油を多用した調理法が増えているため人々のコレステロール摂取量はどんどん増加しています。コレステロールが増加するとどのような問題があるかというと、まず血管中にコレステロールが溶けだして、血液をドロドロにします。血液がドロドロで流れにくくなると、その血液を無理やり流すために心臓に負担がかかるようになり、心臓病のリスクが高まります。また、血液中のコレステロールは活性酸素によって悪玉コレステロールとなり、血管の壁に張り付いたり詰まらせたりして血栓を作ることもあります。さらに血管にこびりついた悪玉コレステロールは血管壁を硬化させて、動脈硬化の原因となるのです。また、コレステロールが増加すると、それを処理する肝臓の負担も増えて、脂肪肝になったり、肝臓の機能が衰えたりすることもあります。このように、コレステロールは深刻な病気の原因となるため、できるだけ抑えることが大切なのです。

コレステロールが多いことが気になる人におすすめのサプリメントとしては、まずDHAやEPAがあげられます。青魚に多く含まれるこれらの成分は、血液をサラサラにする効果を持っており、生活習慣病の予防に大変効果的です。また、食物繊維はそれ自身が体外に排出される際に、同時にコレステロールも排出させる働きを持っているため、ぜひ摂っておきたい成分になります。コレステロールを減らすだけではなく、酸化を防ぐことで悪玉コレステロールにしないというのも健康には非常に有効な方法です。そのためには、抗酸化作用のある成分を摂ることが必要で、アスタキサンチンやビタミンE、ポリフェノールなどの成分を摂る習慣をつけておくといいでしょう。抗酸化作用がある成分は、コレステロールだけではなく、美容や健康全般に役立つので、アンチエイジングや健康維持のためにもぜひ摂っておきたい成分になります。

サプリメント活用講座TOPに戻る

カテゴリ