アンチエイジングのためのサプリメント

アンチエイジングという言葉が今や一般的に使われるようになりました。生きている限り肌も内臓も老化していくのは当然なのですが、その進行を少しでも食い止めることによっていつまでも若々しくいたいですよね。そのためには、コスメやスキンケア用品などを活用することで肌の状態を良好にキープするだけではなく、サプリメントなどで体の内側からケアすることも大切です。

アンチエイジングに効果的なのは、抗酸化作用を持つサプリメントだと言われています。抗酸化作用とは、体内で発生する活性酸素を除去する作用のこと。加齢やストレス、喫煙、紫外線などによって発生する活性酸素は、体内のいたるところを錆びつかせて、老化の原因となってしまいます。アンチエイジングのためには、この活性酸素が増えすぎる前に除去したり、発生を抑制したりする成分をしっかり摂るようにしましょう。抗酸化作用に優れた成分としては、ビタミンEやトマトに多く含まれるリコピンなどが有名でしたが、最近はそれ以外にも多くの成分に抗酸化作用があることがわかっており、サプリメントとして活用されています。たとえば、コエンザイムQ10や、アスタキサンチンなどは、化粧品やスキンケア用品などにもよく使われている成分で、サプリメントとして体内から摂取するのも有効です。また、植物に含まれるポリフェノールには高い抗酸化作用があることがわかっており、その種類は数千種とも言われていますが、さまざまなポリフェノールが現在は健康のために利用されています。耳にすることも多いカテキンやイソフラボンなどもポリフェノールの一種ですし、アントシアニンやレスベラトロールなどは特に抗酸化作用に優れているポリフェノールだといえるでしょう。ポリフェノールは植物に含まれる成分ですので、もちろん野菜や果物からも摂取できるのですが、十分なポリフェノールを摂るためにはかなり大量の野菜や果物を食べる必要があります。毎日そうした食生活を続けるのはなかなか大変ですし、それがストレスになっては逆効果ですので、もちろん規則正しい食生活は心がけたうえで、サプリメントを上手く取り入れるようにするのがおすすめです。

サプリメント活用講座TOPに戻る

カテゴリ